保証をした知人がブラックになってしまったら!


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


知人の保証人になったのだが、

その知人がブラックになってしまった。


貴方はどんな立場におかれると思いますか?


ブラックになる原因の一番最初は

支払いの延滞です。

返済期限から3ヶ月滞納すると

ブラックの情報として登録されてしまいます。


延滞になっているから、

保証人の貴方のところにも

支払い請求の連絡があると思われます。


こんな時、

どんな対処をするべきなのでしょうか?

悩ましい問題ですよね。


貴方は知人のことを良く知っていますよね。

普段の生活や家族構成なんかです。

その状況を見て、

とても払える状況でないと感じるなら、

貴方が保証人として責任を取る必要があります。


しかし、知人が返済可能な感じなら

家族を含めて話をするとか、

親戚の人を含めて話をすると

解決する場合もあります。

知人以外の人の協力を得るということに

なりますが、解決可能かも知れません。


過去に同じような前歴がある場合は

ちょっと難しい面があります。


もう一つの手段は、貴方が本人から

お金を受け取って返済をすると言う方法です。

貴方の知人はルーズな面があるかも知れません。

尻をたたいても返済の実行するかどうか解りません。

だから貴方が行動するしかないんです。


仮に知人が破産をしてしまった場合、

貴方に的を絞って請求されることになります。


保証をするからには、「全額引き受けてもいい」

くらいの気持ちでないと、貴方の家庭自体を

崩壊させてしまうことにもなります。


保証する時は、全責任を負うつもりですることにしましょう。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック保証人

ブラックでも借りられる条件の考察!


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


ブラックとは、

過去に事故を起こした方ですよね。

交通事故じゃないですよ。

返済が延滞したとか、

法的手続きを取ったとか、

消費者金融側から事故だと認定される事件

のことです。


ブラックは借り入れが不可能なのか?


そんなことはありません。


ブラックになっている人にも

融資をしている金融業者は

存在します。


金融業者はどういう顧客なら

ブラックでも融資しようと考えるのか?


貴方がお金を貸す立場で考えたら

答は直ぐ出てくるでしょ?


そう、ちゃんと返済してくれるかどうかなんです。


貴方が、ちゃんと返済出来るという

自信があるのなら

借り入れすることは出来るでしょう。


この自信って、実際はあやふやなものです。

今の収入が○○円あって、

生活費を差し引いて、

今ある借金の返済金を差し引いて、

いくら残りますか?

この残った金額で考えてみて下さい。

この時点でマイナスだと、貴方は借金地獄です。

でも、いくらかゆとりがあるとしたら・・・

望みはあります。


これから借り入れをしようと思っている

金額に見合う返済金がまかなえるのなら

金融業者も融資をすると思います。


この融資をしてくれる業者を探すのは

結構大変かも知れません。

大手金融業者では門前払いの可能性が

高いです。

中小業者の中から探すより手はありません。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック借りられる条件

消費者金融の甘い審査とはどういうもの?


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


ブラックの人は気になりますよね。

審査が甘い、厳しい、とか言われるけど

審査が甘いってどういう事なのでしょう。


金融会社はそれぞれ融資の是非を判断する為の

審査基準というものを作っています。

社員はその基準に基づいて

融資の可否を決定しています。


では、その審査基準の内容は

どのような内容になっているのでしょう?


根本的な考え方は、

融資した金銭の回収が

可能かどうかと言うことです。

逆に言えば、回収不能となる顧客には

融資が出来ないと言うことになります。


具体的な物差しとしては、

既往借入額、既往借入件数、

つまり他社での借入件数と借入金額で

判断する場合が多いです。

収入と返済余力のバランスが取れているかどうか

が判断材料となります。


例えば、他社借入が3件で総額80万円の人、

5件で総額120万の人、を

比較判断する場合には、収入が幾らあるのか?

によって、収入の内、返済金額が何割を占めるのか

によって判断します。

負債が小さくても、収入が少なくて

給料の半分を返済に充てているとしたら

借入が困難な場合が多いでしょう。

この比率は金融会社によってまちまちなので、

審査が甘いという金融会社も

存在することになります。

適正な数値としては収入の1/3以下。


年収が300万円の人、600万円の人、

を同列に扱うことも出来ません。

これは、返済余力に差が生じるからです。

生計費=固定経費と考えた場合、

この固定経費というのは大きな差は生じない

と考えられます。

つまり、収入から固定経費を差し引いた金額が

返済余力と言うことになりますが、

既に借入がある場合、

収入の少ない方では

返済余力が全くないと言うことも

ある訳です。


審査が甘くても融資する金融会社は

回収に自信があると言うことも

言えるかも知れません。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 07:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | ブラック甘い審査

相互リンク募集について


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!



相互リンク募集中です。

同じカテゴリーの方からのリンクをお待ちしています。

当サイトの情報

サイト名:消費者金融のブラック対策

URL :http://1kinyujapan.seesaa.net/

紹介文 :消費者金融のでブラック情報が気になる、情報はどうなっている?そんな方々へのアドバイス



この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 10:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 相互リンク募集について

ブラック情報とはどんなものなのでしょう!?


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


世に言うブラック情報とは何なのか・・・?


ブラックリストに載っている。

ブラックリストに載りますよ。良いんですか?


こういう会話を金融業者がするかも知れません。


こういう会話・・・貴方は経験がありますか?


もし有るとすれば、スネに傷を持つ身と言うことですよね?

もしくは、そうなりかけたと言うことです。
 

では・・・では・・・そのブラックリストは・・・

どこに有るの?


そんな疑問が湧いてきますよね?


これからブラックリストの謎についてお話しします。


金融業界には、ブラックリストは存在しません。


え?・・・ないの?・・・?・?・?


では、何故ブラックリストと言われるのか?


実は、これには理由があるんです。

ブラックリストはないけれども、

それに変わる情報網があるんです。

俗に言う情報センター、

正式には信用情報機関と言われています。

機関というのは、名称が一定していないからなんです。


この情報センターのデータの中に

貴方のブラック情報が記載されているんです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)




posted by 金融マニア at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックとは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。