情報センターの事故情報というのは、どういう内容なのでしょう!?


私がブログで稼げている秘訣はこちらにあります!
人気ブログランキングはこちらです!


消費者金融の世界にブラック情報は存在しない

と言うことはお伝えしました。

ブラック情報=事故情報と言うことですね。


では、事故情報というのはどういうものなのか?


スネに傷のある方は知りたいですよね?


これから事故情報について説明します。



事故情報は内容別にいくつかに分類されています。

1.
延滞情報というのがあって、返済を3カ月以上滞納すると

金融業者は事故情報として登録する義務が発生します。

これを怠るとペナルティがありますから

必ず登録すると思います。

ペナルティというのは、情報の利用の差し止めなどの

営業に影響する厳しい措置なのです。


貸金業者は、このペナルティを受けると

顧客情報が取れなくなるので、

与信調査が出来なくなり、

営業停止のような状態になります。

2.
続いて延滞情報なのですが、6カ月以上の延滞

12カ月以上の延滞としてランク分けがされていて、

それぞれ報告する義務があるのです。

報告を怠れば前述と同じペナルティがあります。

3.
破産情報があります。

破産&免責が確定すると債務者は負債はゼロになりますが、

破産をしたという記録は残ります。

だから「借金はありません」と言っても

無駄になるだけでなく、「厚かましいやつじゃ」

と思われるのが落ちです。

それなら初めから「破産しているのですけど、

借り入れできますか?」と尋ねる方が

印象は良いですよね。

4.
債務整理の情報として、弁護士介入・司法書士介入・

裁判上の民事調停・特別民事調停・個人民事再生・

過払い金請求訴訟・不当利得金返還請求訴訟など、

裁判上・外の法的解決手段は全て記録として出てきます。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


posted by 金融マニア at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事故情報とは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。